2017 Results

 最優秀賞  Consulate-General of Japan Award

ユキ・チェン/ Yu Xuan Chen

Stuyvesant High School, New York, NY, High School, 12th Grade

 

「これからの私におくりたい言葉」 / 「A message for the future me」

両親は小さい私を中国にのこし、アメリカに行って離婚しました。10歳の時に私もアメリ カに来ました。

とうとう両親に会えて、やっと普通の子供のように両親との生活が始められ ると思いましたが、現実は厳しかったです。

そんな私を助けてくれたのがスタイベサント 高校でした。たくさんの優しい人と出会ったり、新しい事をたくさん習ったりして自信が持てるようになりました。アメリカに来て七年目の今は「終わりよければすべてよし」だと思っ ているし、人生はそうやって自分で作っていくものだと信じているからです。

 

My name is Yuki Chen, I lived with my grandparents in China until I moved to America at the age of ten.

My parents got divorced and both came to America when I was very young.  

When I came to America, instead of living with my parent as I had envisioned, I was put into the hands of people whom I’ve never met before.  Time was hard under someone else’s roof.

But after I got into Stuyvesant High School, where I met a lot of nice people as well as opportunities, things changed for the better.  I became more open and sociable, and I found my interest for future career. Looking ahead, future is not a smoothly paved road, but I will always have faith and confidence in myself to overcome any obstacles.

 

 優秀賞  Second Place

ヒーウォン・ハ/Heewon Huh

Newman Smith High School, Carrollton, TX, 11th Grade

 

「祖母と僕」/ 「Grandma and me」 

今もお爺さんやお婆さんと住んでいる友達は、一日中お婆さんが小言を言うので核家族 の僕が羨ましいと言いました。

でも「自慢の孫だ」と笑顔でほめてくれた祖母は僕にとって 人生で一番大切な人です。僕は、祖母が生きていた時に一度も「ありがとう」と言わなかっ たこと、そして祖母が言ったように立派な大人になって会えないことをとても悲しく思って います。核家族が増える最近、遠くに住むお婆さんたちのことを忘れるとか苦手な子も多 いと思いますが、一度でも一言「ありがとう」と、感謝の気持ちを伝えましょう。

 

Grown up from a nuclear family, I met my grandparents only once or twice a year. Therefore there weren’t much I could recall about my grandparents.  However, I remember that my grandma was very kind and nice to me.  When I first heard that my grandma passed away, I almost didn’t feel anything.

It was hard to believe that I can’t meet my grandma anymore.  I could face her absence only after I visited her tomb.  I regretted that I never really appreciated my grandma for her kindness when she was alive, and I learned the importance of family, no matter how distant we are apart from each other.

 

 優良賞 Third Place

カリサ・ナヨン・ソ/Carissa Nayun Seo

Glenbrook South High School, Glenview, IL, 12th Grade

 

「カラー・ガードのおかげで」 / 「Because of color guard」

高校に入ってから、人見知りで皆と溶け込めなくて、友達がつくれない自分を変えたい と思いましたが、方法がわからず3年が経ってしまいました。ある日、友達に聞いてみたら 「出来ないと信じ込んでるから、自分を制限しているのではないか」と言われました。今年度、私はバンドに入部して奇跡的に変わりました。

カラーガードは視覚的にバンドを 支える役ですが、私はそれを知りませんでした。入ったらすぐに大会で、初心者の私は大 変でした。結果は5位でしたが、悔しさと悲しさの中で私は幸せでした。新しい体験への 一歩を踏み出せた事で、私は人として成長できた気がします。これからももっといい自分 になっていきたいです。

 

 ”Just be yourself.”  In the current day and age, these words are stressed to younger generations, telling them that they can just be who they are without conforming to the expectations of others.  However, for as long as I can remember I could never accept my shy and timid self for who I was. Joining my school’s color guard was a life changing decision that really changed who I am for the better.  

In my speech, I talk about my experience in my school’s band program; and how it helped me become the happy and amiable person I am today

 VIP Award

ジュリアン・サブリナ・ポテビエン /Julienne S. Poitevien

Valley Stream Central High School, Valley Stream, NY, 11th Grade

 

「モチベーションの力」/ 「The power of motivation」

初めて着物を見た6歳の時、着物と帯の複雑な美しさに、まるでエレガントな女神様を見 たようでした。

8歳の時「つくよみ」というアニメをインターネットで見て、キャラクターが日 本語を話しているのを見たのが日本語を聞いた瞬間でした。日本語の音はとても微妙で、その音に表現する力があると思いました。ひらがな、カタカナを覚えても、話すチャンスが ありませんでした。ある日、PCで見つけたアプリで友達を作り、日本語が上達しました。

私は、日本語の勉強を通じて「モチベーションさえあれば、必ず自分にあった方法が見つかる」という事を学びました

 

The kimono inspired my interest and decision to study Japanese.  When I was six, I visited a Japanese restaurant and saw someone wearing one.  I wondered what Japan was like.  Throughout my childhood, I was influenced by anime, manga, and when I first heard Japanese, I was mesmerized.  

It was so beautiful I had to study it. Therefore, at 12, I started, using apps, websites and videos.  

Although there were times that I would almost give up, I found motivation to continue.  

I believe that willpower can do anything. Now at 16, I feel that my journey has just begun.

 

 Audience Award

マニュエラ・アモア/Manuela Amoah

Noble and Greenough School, Richardson, TX12th Grade

 

「外国人の気持ち、わかりますか?」 / 「Can you understand the feelings of foreigners?」

私は日本に行き、日本人と日本の外国人の気持ちについて新しいことをしりました。

どうし て日本人は外国の物が好きだけど、日本に住んでいる外国人がきらいなのでしょう。私の おじはガーナで生まれましたが、20年以上日本に住んで日本人と結婚しています。その 娘のジョイは日本の小学校でひどいいじめにあい、今私の家に住んでいます。日本人は 知らない人にはつめたいけど、知っている人にはとても親切です。

また日本に行ったら、日 本人と日本の外国人の関係をもっと理解し、日本人と本当の友だちになりたいです。                                

I have an uncle who has lived in Japan for more than 20 years, and is married to a Japanese woman.  

He has a store in Harajuku, where many people come to buy popular American and European brands.  

I currently live with one of my uncle’s daughters, Joy, who was constantly bullied as a mixed child in Japan. I have visited Japan a total of 3 times.  I’ve always learned new things about what it means to be a foreigner living in Japan. I’ve realized that Japanese people tend to behave coolly towards people they don’t know, but can also be very kind.

Judge’s Encouragement Award

マーク・アレハンドロ/ Marc Alejandro

Everett Alvarez High School, Salinas, CA, 12h Grade

 

「私が大統領だったら」/ 「If I were president」

アメリカと世界の平和のために何ができるでしょうか?第一に、メキシコ人でもシリア人で もアメリカに来た人がギフトバスケットをもらえるようにします。洋服やコストコのギフトカ ードと日本の指圧マッサージで元気になれます。第二に学校の給食で毎日和食を出しま す。第三に地球温暖化の原因について考え、アメリカの山手線をつくります。最後に戦争 について考えます。戦争をやめたら、そのお金を指圧マッサージや給食や電車をつくるの に使うことができますので、

私が大統領だったら、日本のように戦争をやめます。

 

While watching the recent news, there was a thought that came into my mind -- becoming President was quite a responsibility.  If I were President, what would I do?  First, if I were President, I will welcome anyone who comes to America -- especially Mexicans, Syrians and Iranians -- with a gift basket and a shiatsu massage.  Second, I will improve the health of America by serving Japanese food at school every day-- for example, Soba, Grilled fish, and tempura with vegetables abound!  Third, I will improve the environment of America by building railroadsand reducing car usage -- I will build America’s Yamanote Line.  Finally, like Japan, I will make America stop the waging of wars.

 

Judge’s Encouragement Award

ハナ・フィクリ・アルナト―/ Hannah F. Al-Natoor

Clements High School, Sugar Land, TX, 12th Grade

 

「日本との出会い」 / 「My introduction to Japan」

6歳になったばかりの時、千尋が一人で電車に乗ってぜにばに会いに行くジブリ映画の シーンで胸がキュンとしました。

日本語はわからないままアニメおたくになり、高校で日本 語の勉強を始めました。クラスを通して、アニメだけじゃなく、日本の文化や言葉も好きだ ときづきました。私のようにアニメやまんがから日本にきょうみを持つ人にも、日本はそれ だけじゃない、もっと日本の文化や言葉を学ぶべきだと言いたいです。

もっともっと多くの 人にも日本語を勉強してほしいです。

 

My speech is about my first introduction to Japan. It started when I was around six and I watched my first Studio Ghibli film, Spirited Away. From there I began to watch more Studio Ghibli films and that lead me to watching anime. Through anime, I was able to catch a glimpse of what Japanese culture was like and wanted to learn more. I then began learning Japanese in high school, where I was able to learn more about Japanese culture and language.

 

Judge’s Encouragement Award

ケイラ・ジョイ・フォク/Keilah Joy Fok

Home School, Santee, CA, 12th Grade

 

「こわいことをしましょう」 / 「Let’s do scary things」

私は三年前のスピーチで緊張して泣きましたが、去年の工学の会社のCEOが100人ぐら いいるばんさん会でのスピーチは楽しいものでした。どうやって二年間でスピーチが好き になったのか。答えは、スピーチをたくさんして勇気の本当の意味を知ったからです。つまり、恐怖に直面することです。今、私は胸がドキドキしています。私の日本語はまだ足らな いと思ったけど、この練習のおかげでよくなりましたので後悔はぜんぜんありません。

恐 怖に直面すると怖くなりますが、自分がもっと強くなります。怖いことをしましょう。

 Three years ago, I greatly disliked making speeches.  Last year, however, I gave a speech at a dinner party attended by about 100 engineering CEOs and thoroughly enjoyed the experience.  How did a shy girl who dreaded speeches come to like them in the space of two years?  The answer: by making lots of speeches.  Even though they were scary, I didn’t give up, and they steadily grew less and less scary.  

Then I realized that courage is not the disappearance of fear.  It’s the act of confronting fear.

Let’s work hard to face our fears, and grow stronger in the process.

 

Judge’s Encouragement Award

キャサリン・リリアン・ランバート/ Catherin L. Lambert

Pace High School, Pace, FL, 11th Grade

 

「外国語の大切さ」/ 「The importance of forging language」

私は去年の夏、大阪の初芝立命館高校に5ヶ月間留学しました。学校では友達を作って、 日本語で面白い授業を受けました。ホストファミリーとも日本語で話しました。皆さんは、 どうして私が日本人と話せたと思いますか。私は西フロリダ大学で2年間位、日本語を勉 強しています。日本語が話せたので、日本人の友達と話すのは本当に面白かったし、日本のすばらしい文化を学べたし、他の留学生より面白い経験ができたと思います。

日本語が わからなければ、出来ないことでした。日本での経験のおかげで、外国語の大切さを学びました。

 

Learning foreign languages are very important to me.  Last year, for about 5 months, I studied abroad at a Japanese high school. Seeing the other foreign exchange students struggle to make friends and not being able to bond with their host families as I did, helped me to understand the importance of foreign languages. Because I had some knowledge of Japanese, I lerned that Japanese culture is facinating, and by understanding different languages, people can discover so many wonderful things and have a more enriching experience.  I hope that my experience inspires others to see the importance of foreign languages.

 

Judge’s Encouragement Award

ジャクリン・リー/ Jacalyn Alice Li

Torrey Pines High School, San Diego, CA, 12th Grade

 

「部長になって学んだこと」 / 「What I learned as a club president」

高校4年生の時、Japanese National Honor Societyという部活を始めて部長をしていま す。初めての部だったのでお手本なしの運営で大変でした。仕事が多く、うまく分担できず イライラしたり、自分のペースで進めたので、他の人は私に不満を持つようになり、自分は 仲間はずれにされているのでは,と不安になったりもしました。また、副部長の態度にむ かついたときも、最初に彼女からもらった言葉を思い出してよく考えました。

部長になって 学んだことは、相手を責めるのではなく、相手の立場になって考えると今まで見えなかっ たことも見えて、問題解決につながるということでした。

 

This school year, I started a Japanese National Honor Society Club at my high school and became the club president.  At first, I had trouble communicating with the other club officers and ended up doing all of the work alone.  One day, after complaining to my teacher about the work imbalance, the JNHS secretary said, “Don’t try to do everything by yourself.  Trust us. If you don’t say anything, we can’t help you.”  Her words made me realize that I was being stubborn and narrow-minded, so I began to be more open to everyone else’s ideas.  Through these experiences as the club president of JNHS, I learned the power of teamwork.

 

Judge’s Encouragement Award

ブランドン・ヌエン/Brandon Andrew Nguyen

North Salinas High School, Salinas, CA, 11th Grade

 

「やるしかないでしょ」/ 「I gotta do it!」

皆さんは人生で後悔していることがありますか。先輩に「高校生活を振り返ると色々後悔 している、色々な事に参加していればよかった」と聞き、自分の日本語に自信がなかった のですが、スピーチコンテストに出ることにしました。2月に日本語の先生と行った外国語 教師のカンファレンスで、先生の発表を聞いて涙が溢れるほど感動した方がいました。そ れを見て、自分も人を感動させたいと思いました。私は不安になったり悩んだ時、大切な 人に応援や指導を受けられるので恵まれています。だから、自分も誰かにとって大切な存 在になりたいです。。

 

“In recent years, Brandon has began to face many intimidating obstacles that coax negative emotions.

For example, often times he becomes overly fixated on the outcome of a situation rather than the value of the experience itself. Through his speech he will ponder the events and memories that have affected him. Furthermore, he will expound on the external influences that have poised him for short term successes, as well as success in his future endeavors.

 

Judge’s Encouragement Award

ハナ・エリザベス・ペアモア/Hannah Elizabeth Pairmore

A.J. Diamond High School, Anchorage, AK, 11th Grade

 

「みんなに知ってもらいたい私のお母さんの話」/ 「My mother's story: What I want you to know」

私のお母さんはすごい人です。強くてすばらしい人です。お母さんは1973年にラオスで 生まれてタイに逃げ、難民キャンプで暮らし、アメリカ国内は5回くらい引っ越しました。あまりお金がなく、缶を集めたり手作りのおもちゃで遊んだそうです。95年にアンカレッジに 来て、家族の中で初めて大学を卒業しました。家族の誇りです。私は9年生までそのことを 知りませんでした。私がお母さんと同じような経験をしなくていいように、一生懸命働いて います。お母さんを見ると、私も夢をかなえる為にがんばろうと思います。

 

My speech follows the life of my wonderful mother, whose upbringing in the communist country of Laos and transition from Laos to life in America were difficult. Her family’s struggles during her childhood caused my mom to work very hard to achieve her dreams. Because of my mother, I work very hard at school and in my daily life to be as successful and as inspiring as her. My mother’s past encourages me to reach my goals just as she did.

 

Judge’s Encouragement Award

ジョージ・ロドリゲス/Jorge Rodoriguez Silva

Alisal High School, Salinas, CA, 12th Grade

 

「私の色鮮やかな人生」/ 「My colorful life」

私は5歳の時に、自分が同性愛者であることを発見しました。両親に打ち明けたとき、完全 に受け入れてもらえなかったけど、今日まで育ててもらったことに感謝し、両親を愛してい ます。人生の目的は何か。私はどうして生きているのか。何度も自分に聞きました。僕の涙 は人生の本当の意味を教えてくれました。意地悪な人からは優しさと強さを、自分の経験からは憎しみを愛に変えることを学びました。違いを攻撃するのではなく、受け入れるこ とで分かり合えるようになります。皆同じ人間で、この世界を共有しています。皆のつない だ手から伝わる愛が広まるように祈ります。

 

Everyone has a story to tell.  My story begins when I was 5 years old and made a discovery that changed people’s views of me.  When I was 5, I came to understand that I was indeed homosexual and so, my struggles began.  In today’s modern world, being different is looked down upon, whether it be by family, friends, or society.  Through the adversity that I faced in my life, I grew to appreciate my differences and accept myself for who I am.  

My life may not have been completely colorful, but it is indeed gaining back the colors of joy and happiness.